​Fountain  N/1

 

2018年12月、馬喰横山のギャラリーICA SPACEにて発表されたサウンドインスタレーション。

ギャラリー中央に配置された泉を模した器へ、聴者に水を流してもらい、その水音を録音し、リアルタイムに音響合成しながら複数のフラグメントとしてトラックに分けて音楽を構築していく。

この作品は、作品名の通りマルセル・デュシャンの"Fountain"のオマージュである。

​デュシャンの作品"Fountain"は物質の機能性が破棄されることで、観覧者自らの機能の再構築=創造に繋がるという一連のプロセスを下地にして、聴者が水を流す行為とその行為がもたらす結果の乖離によって行為の意味そのものの再定義につながるように意図した。

Sound installation presented at the gallery ICA SPACE in Bakuro Yokoyama in December 2018. We let the listener pour water into a fountain in the center of the gallery, record the sound of the water, synthesize the sound in real time, and divide it into multiple fragments to construct music. This work is a homage to Marcel Duchamp's "Fountain" as the title suggests. ​In Duchamp's work “Fountain”, the act of flushing water by the listener is based on a series of processes that lead to the reconstruction of the function of the viewer = creation by destroying the functionality of the substance. It was intended to lead to the redefinition of the meaning itself of the act by the divergence of the results.

Copyright © 2019 Polymorphia   All rights reserved.